採用情報

About JCSJCSを知る

日本債権回収株式会社について 業務内容について 私たちの強み/数字でみるJCS

01日本債権回収株式会社について

発足の経緯

日本初の債権回収会社
(サービサー)として誕生。

バブル崩壊に見舞われた日本経済は、一気に表面化した不良債権問題ですっかり疲弊していきました。
国は、その対策として「不良債権の処理」が最優先と判断。それまで弁護士にしか許されていなかった債権管理回収業務が特別措置法により民間企業に解禁されたのを受け、1999年に当社は日本初のサービサーとして認められ、債権管理回収のプロフェッショナルとして歩き始めました。

日本債権回収株式会社の本社は、オリコ本社ビルにあります。

創造する価値

債権回収業務を通じて、
マネーの流れを改善。

サービサーの役割は、不良債権処理業務を通じて世の中のマネーの流れを改善することです。私たちは金融機関の資産の健全化と管理コストの最適化に取り組む一方で、債務者には再生の一歩を踏み出せるようにしっかりとサポート。
債権回収の実績を積み上げて、現在では600を超える金融機関とお取引いただいております。私たちの価値は、金融機関から、債権回収という繊細かつ専門性の高い業務を托せるプロフェッショナルだと認められているところにあります。

オリコ本社ビルロビー。

業務の内容

日本経済を活性化するパートナーとして、全国展開し日々精進しています。

私たちは、全国の金融機関、保証会社、販売金融会社などの債権の買取や回収業務の受託、また債権の流動化に伴うバックアップサービシング業務、事業再生支援業務などを展開しています。
全国8支店(札幌市、仙台市、さいたま市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市)とサービシングセンター(川越市)、業務センター、オペレーションセンター(共にさいたま市)を展開し、日本経済の活性化を支えるパートナーとしてサービスの開発・拡充、従業員の専門性・問題解決能力の向上に努めています。

ロビー内のコミュニケーションエリア。ここではミニセミナーなどが開催されます。

未来の展望

今後を見据え、
マーケットを拡大させます。

今後、債権の買い取りに加えて、金融機関などの回収業務の受託やコールセンターの運営で「返済をうっかり忘れていた」お客さまをなくしていくためのお手伝いを展開していきます。金融機関によっては、効率化のために債権の管理回収をすべて私どもサービサーに任せていくようにもなってきており、マーケットをこれからも様々な方向に拡大させていきます。新たに入社する方々のご活躍を期待しています。

敷地内には、ほっとひと息できる緑地が拡がります。

日本債権回収株式会社について 業務内容について 私たちの強み/数字でみるJCS