事業内容

私たちの本分は金融再生のキーとなる不良債権の処理を迅速かつ効率的に進めることです。私たちにはトータルサービサーとして、幅広く高品質なサービスメニューでサポートする体制が整っています。
明日の未来のために、今後もハイレベルなサービスを開発して参ります。

取扱債権

債権買取

一日も早い資産の健全化を支援します

サービサー法で規定される特定金銭債権を当社が算出する適正な価格で買取り、不良債権のバランスアウトによる資産の健全化と管理コスト軽減のお手伝いをいたします。
また債権買取後の顧客管理が万全ですので、クライアント様も安心してお取引きをすることができます。

デューデリジェンス

私たちの大きな強みのひとつはまさに正確なデューデリジェンスにあります。
有担保債権は当社の提携不動産業者のネットワークを活用し、全国どの地域でも担保評価が可能です。また、無担保・無剰余債権は当社が長年に渡って築き上げた独自のデータと回収ノウハウを基に算定します。

ページ上部へ

債権管理回収受託

延滞債権の管理・回収業務を受託します

サービサー法で規定されている特定金銭債権について請求業務から法定処理業務まで受託します。また的確なレポーティングによって委託債権の効率的な状況把握を可能にします。

特長

スペシャルサービシング

延滞期間の長期化した債権を当社独自のトータル・コレクション・システム(TCS)により、請求、入金処理、債権分類などの管理を自動化し効果的な回収を実現。クライアント様の対応に沿った債権管理を可能にします。

レポーティング

お預かりした債権の入金明細、残高状況、顧客との交渉状況、債権の状況分析などを詳細にご報告します。貸出資産の自己査定および社内的な認定作業の資料としてご活用いただけます。また債務者の状況をできるだけ詳細にレポーティングいたしますので、債権の査定も容易になります。

ページ上部へ

コールセンター業務

お支払いの案内業務を受託します

サービサー法で規定されている特定金銭債権について、経験豊富なスタッフによる初期遅延債権のサービシング業務を受託します。当社が心がける丁寧で正確な「やさしい回収」により顧客失念などによる未入金の解消をお手伝いします。

特長

初期遅延債権のサービシング

金融のアンバンドリング化によるアウトソーシングが進展しつつあります。私たちはこの動きに応え、2007年4月にコールセンター機能を持つサービシングセンターを開設しました。オリエントコーポレーションの個人向け無担保ローン回収業務等で蓄積されたノウハウや人材を継承しているため、リテール特有の初期遅延債権業務でのきめ細かなサービスを提供します。

ページ上部へ

バックアップサービシング

正常債権の集金業務から遅延債権の回収までを一貫して処理します

債権流動化による証券化市場のスキームが複雑になり、バックアップサービサーの役割の重要性も高まっています。リテールに強い当社の特長として、取扱対象債権はクレジット債権から住宅ローン債権まで多岐に渡っていること、また業界の草創期である2000年からすでにバックアップサービシング業務を開始していたことから、証券化市場関係者からの信頼を得ています。

特長

サービサー移行業務

オリジネーター(当初サービサー)からの回収引き継ぎに必要な諸手続を迅速に処理します。有事発生後、短期間で全顧客宛に文書の発送を行い口座振替手続きを整えます。

正常債権管理・回収業務

正常債権の回収および回収状況などの報告を行います。移行当初の振込入金から口座振替手続完了後の入金まで一貫して管理します。

延滞債権管理・回収業務

初期遅延債権については電話や文書によってきめ細かな入金案内を行い正常化に努めます。中長期延滞債権についてはシステマティックに債権を分類し、効果的な請求を行います。また、債権者への各種レポーティングも欠かせません。

業務取引の流れ

下の各ボタンにマウスを合わせると、下の図に詳細が表示されます。

  • 流動化基本契約
  • 平常時
  • 有事

業務取引の流れ

ページ上部へ

事業再生支援

金融機関様が事業再生を検討される案件に対し、再生事業者ごとに最適な再生スキームを提案します。

経済的に行き詰った事業者の再生支援を目的に、案件内容に応じた各種提案や事業パートナー・スポンサーの紹介などを行います。

特長

事業再生支援業務

・さまざまな権利関係の絡んだ債務の買取提案
・遊休不動産や不採算部門の処理による金融債務の圧縮
・対象となる事業の業績回復・拡大に向けた経営分析とサポート
・DIP-EXITファイナンスのアレンジ
・会社分割、事業譲渡など財務リストラクチャリングのサポート
・事業計画の策定、実行、モニタリング支援
 ※平成28年1月15日に経営革新等支援機関の認定を受けました

ページ上部へ