ご挨拶

安心と安全をご提供いたします。 代表取締役社長 古川 敏明

日本債権回収株式会社(JCS)は、1999年に日本で最初に法務大臣より許可を受けた債権回収会社(サービサー)の1社です。
債権買取、初期遅延債権や中長期債権の受託、バックアップサービス、さらには事業再生まで様々なニーズに幅広く応えられるトータルサービサーとして実績を重ねてまいりました。
この結果、2016年3月の累計取引請求債権額は6兆2千億円を超え、取扱債権数では440万件に至り、順調に業容を拡大してまいりました。
このような業容の順調な拡大は、金融機関をはじめ多数のお取引先さまより当社の健全で透明性の高い経営、経験豊富で安定した経営陣と社員、法令はもちろん社会規範を遵守した丁寧で正確な業務が高い評価をいただいた結果と認識しております。

サービサー業界の所期の目的である「不良債権の処理」に加え、サービサー各社に求められる社会的役割は新たなステージを迎えています。
当社は経営革新等認定支援機関として日本経済を支える中小企業の事業再生に寄与していく一方、より盤石な個人情報保護体制とコンプライアンス体制を構築し、お取引先さま・お客さまに更なるご信頼をいただけるよう、今後も努力してまいる所存でございます。

ページ上部へ